2010年02月10日

次期首相「トップは舛添氏」 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)

 次期首相にふさわしい政治家を聞いたところ、自民党の舛添要一前厚生労働相が、前回調査より1.3ポイント増の14.5%とトップに立った。谷垣禎一自民党総裁は0.2ポイント減の1.8%で9位と低迷しており、夏の参院選に向け、「舛添総裁待望論」が自民党内から出てくることも予想される。

 小沢一郎民主党幹事長の政治資金問題に関し、小沢氏に厳しい態度で臨んだ前原誠司国土交通相は2.4ポイント増の9.8%で、3位に上昇した。

 鳩山由紀夫首相は前回比2.0ポイント減の10.1%で2位。当の小沢氏は0.5ポイント減の2.4%で前回同様8位だった。

 前回トップだった菅直人副総理・財務相は、4.8ポイント減の9.0%で4位に転落した。

【関連記事】
偽装献金でも首相辞任は「求めない」 産経・FNN世論調査
「鳩山、小沢氏の説明・監督責任が問われた」 内閣支持率急落で大島自民幹事長
官房長官、小沢氏辞任論「世論調査、一概に判断できない」
内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査
内閣支持率低下「真摯に受け止める」 鳩山首相

小沢氏「刑事責任問われれば、進退を判断」(産経新聞)
外交機密費 官邸へ「上納」 政府初認定、違法性は否定(産経新聞)
「店をテレビ放映したい」 ニセのフジプロデューサー、詐欺容疑で逮捕(産経新聞)
「サンラ・ワールド」元役員の増田氏 カナダ大使館で説明会 信用性利用し出資募る?(産経新聞)
名古屋3人死亡ひき逃げ、運転の男を逮捕(読売新聞)
posted by Ronny at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新交通システム30分停止 大阪市営ニュートラム線(産経新聞)

 9日午前8時50分ごろ、大阪市住之江区南港北の市営ニュートラム南港ポートタウン線トレードセンター前駅で、停車したコスモスクエア発住之江公園行きの電車(4両編成、乗客約90人)が動かなくなった。約25分に再び動いたが、市交通局は同電車を車庫に移し、原因を調べている。

 このトラブルで、同線は下り1本が運休、上下計17本が最大約25分遅れとなり、約2300人に影響した。

【関連記事】
21万世帯以上が一時停電 米首都、積雪60センチ
遮断棒折れ3万4千人に影響 JR学研都市線
踏切を無理な横断、緊急停車で3万人影響 大阪の阪和線
鉄道自殺で年間3万5千本に遅れや運休 首都圏が6割
北海道・層雲峡で点検中のゴンドラが停止 作業員2人閉じ込め

【中医協】脳血管疾患リハ料、廃用症候群の加算を新設へ(医療介護CBニュース)
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大、継続審議に(医療介護CBニュース)
車内での嘔吐叱られ立腹 タクシー運転手に暴行の男逮捕(産経新聞)
<マサイキリン>大きな赤ちゃん、すくすく−静岡(毎日新聞)
公明、太田前代表の参院選比例代表の公認を取り消し(産経新聞)
posted by Ronny at 07:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。